つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

赤坂 四川飯店・永田町

foodpic7995479.jpg

鉄人のお店で陳麻婆豆腐を心行くまで堪能しました

今日は本格中華、それも「赤坂 四川飯店」
言わずと知れた中華の鉄人 陳健一 のお店で ”陳麻婆豆腐” を堪能したいと思います
場所は昔の赤プリの裏にある雑居ビルの6F、駅でいえば永田町が一番近いです

来月はもう師走。。。
50歳を過ぎて、東京に単身赴任、早いもので二度目の正月を迎えようとしています
今日のメンバーは50歳アッパーが3人と40歳代が一人ですが、私以外の50歳代はいずれも大食漢

昭和の匂いがプンプンする雑居ビルの古めかしいエレベータを降りると
シンプルな内装で飾り気のないその空間は、今どきの東京らしくない感じで
我々にとってはお似合いのお店でした

先ずはビールで乾杯!
余計な前菜など注文する気はありません
いきなりこれから

IMG_0026.jpg

四川といえば ”四川よだれ鶏(冷菜)”
中国語では「口香鶏」とは良く言ったものです
皆、大絶賛していました


foodpic7995459.jpg

続いて ”鶏、火腿、筍入りフカヒレスープ”
さすが中華の鉄人の店と言ったところでしょうか
披露宴で出てくるようなレベルではなく、気仙沼で食べたフカヒレを彷彿とさせました


IMG_0031.jpg

そして ”アワビのミルク煮”
これと次に注文した ”牛肉のオイスターソース” は本格中華をいただく時の私の定番です

IMG_0032.jpg
IMG_0033.jpg

これだけは外せません
後は陳麻婆豆腐をいただけたら、帰ってもいいぐらいですが
今日は大食漢のメンバーが二人もいるので。。。
干アワビのクリーム煮はホント最高、牛肉のオイスターソース炒めも格別でした


IMG_0034.jpg

ここで赤ワインを。。。
理由は紹興酒が苦手なメンバーが居たからなんですが
今週は週明けから日本酒を飲んだせいもあり、少しは控えようとしていたのかもしれません


foodpic7995468.jpg

さらに ”大海老の赤唐辛子炒め”
ここからは大食漢が注文!
パプリカと思って、食べたのが後の祭り
こんな濃い色したパプリカなんてある訳がありません


foodpic7995471.jpg
foodpic7995474.jpg
foodpic7995475.jpg

”白身魚の塩味炒め” ”鶏の唐揚げ” ともう一品(記憶にありません)
注文した筈の陳麻婆豆腐が出てくるのか思いきや
大食漢があろうことか、唐揚げまで。。。 これは中華料理ではない筈。。。

いずれもハイレベルですが、中でも白身魚の塩味炒めがダントツに美味しかったですね


foodpic7995477.jpg

そして漸く、メインディッシュの ”陳麻婆豆腐” が。。。
半端ない深い味わい、何と言ってもこのシビレが堪りません
これほどのデキの麻婆豆腐には早々お目にかかれるものではありませんね


foodpic7995489.jpg
foodpic7995490.jpg

〆の五目チャーハンと汁なし担々麵を。。。
コメントなんてできないほど美味い!
お腹がパンパンなのに、食べられるぐらいですから

ランチもやっているらしいので、きっとお昼も大変な混みようなんでしょうね
久しぶりに美味しい中華を堪能しました
ご馳走様でした

スポンサーサイト

 中華・台湾

 他府県

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。