つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

和 榮屋・北新地

IMG_0112.jpg

鰆の西京焼きと旬の水ナス、絶妙なバランス感覚をお気に入りのお店で堪能

久しぶりにホームグランドの北新地に帰ってきました
今週は会食続きで、それもステーキが二日も続いたのでちょっと胃が重く
週末最後の会食は和食にしました


こんな時は北新地の「和 榮屋」さんに限ります
〆の炊き込みご飯と味噌汁が最高に美味しいお店です
私にとっては究極の隠れ家です


IMG_0100.jpg

今日は冷酒と心に決めていますが、先ずはビールで乾杯!


foodpic7776940.jpg
foodpic7776938.jpg

お通しはアサリのすまし汁とモロヘイヤのお浸しともずく

アサリのすまし汁は疲れた胃に染み入りました
モロヘイヤは「王様の野菜」と言われるだけあって栄養の宝庫
もずくも生姜が効いていて、家で食べるスーパーで買ってくるそれとは大違い


IMG_0103.jpg

今日の冷酒を一通り拝見
獺祭はも飽きたので
それ以外を頂こうと、先ずは大阪交野の地酒から


IMG_0104.jpg

きりっとした飲み口の無濾過生原酒は刺身にぴったり


foodpic7776942.jpg

冷酒は刺身の甘さをいっそう引き立てるように感じますね
まさにその為に造られたお酒かもしれません
日本人に生まれて良かったと思う瞬間です


IMG_0109.jpg

続いて、隣の岐阜の地酒「小左衛門(こざえもん)」を
先ほどに比べるとややマイルドな感じのどんな料理にも合う感じでしょうか


foodpic7776949.jpg

鰻の蒲焼に自然薯 山葵がアクセントになった一品
思わず笑みがこぼれ、冷酒がどんどん進みます


foodpic7776950.jpg

さらにヤングコーンが。。。
といっても結構大きいヤツで
まさにこの梅雨の時期に旬を迎える野菜で、素材のもつ力を感じる一品でした


foodpic7776951.jpg

IMG_0114.jpg

そして鰆の西京焼きと旬の水ナスには群馬の銘酒「水芭蕉」を合わせました
水ナスの清涼感に水芭蕉の自然な甘みが見事にマッチ
鰆の西京焼きも言うまでもありません


foodpic7776952.jpg
foodpic7776953.jpg

主人が鱧の骨切りをしているかと思うと、しゃぶしゃぶが出てきました
たまねぎと一緒に頂くと、これまた美味!


IMG_0118.jpg

合せた地酒が青森の純米吟醸 無濾過生原酒「はちつる」
さすがに4合目ともなると、ゆっくり味わうという感じではありません
結構酔ってきました


foodpic7776954.jpg

最後の料理でしょうか、お肉が。。。
これぐらいの量なら全然問題ありません
っていうか、基本肉派だし


IMG_0122.jpg

最後に、ハイボールを頂きました
旨い酒に旨い料理
カミさんも気に入っているお店なので、近い内に連れてきてやろうと本気で思いました


foodpic7776955.jpg

foodpic7776956.jpg

そして〆の決して真似のできない究極の炊き込みご飯
今日はコーン。。。 これは初めてかもしれませんね
相変わらず旨い味噌汁と一緒に頂きました


foodpic7776957.jpg

デザートのアイスを頂いて終了
重かった胃もここの料理で復活しました
早く帰って娘の顔を見たいと思ったのですが、冷酒で酔ったせいでしょうか
気がついたら1時をとっくに過ぎるまで、ラウンジでクールダウンしていました

ホント懲りない性分です

スポンサーサイト

 和食全般

 北新地

0 Comments

Leave a comment