つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ビストロ ギャロ (Bistro Gallo) ・三宮

foodpic7691789.jpg

肉食系には堪らない赤身をとことん追求したステーキ専門肉ビストロ。。。

大阪心斎橋に本店がある肉ビストロ 「ビストロギャロ」 の2号店に潜入してみます
神戸三宮では人気で予約が取れないお店として有名。。。
今では北野坂に一軒屋を改装した3号店 「ギャロ バンガロー」 があります

IMG_9845.jpg
神戸市中央区北長狭通1-3-10 燕京ビル 8F
050-5592-6895(予約専用番号)

ちょっとわかりにく雑居ビルの8階にそのお店はありました
エレベータを8階で降りるといきなり店内。。。
アンティークな装いの店内は落ち着いた様子で、素敵なお店です


IMG_9829.jpg
foodpic7691781.jpg

私にしては珍しくギネスで乾杯!
お通しのバケットと牛肉のリエット
さすが肉ビストロだけのことはあります


FullSizeRender.jpg
FullSizeRender (1)

メインのステーキは200グラムからの注文で
牛肉の部位が明記されたメニューから注文する仕組み
サーロイン200グラム、イチボ200グラム、そして何故かフランス産鴨胸肉300グラムを注文


foodpic7691782.jpg
foodpic7691783.jpg
foodpic7691784.jpg

メインの前にシャルキュトリとベジタブルをお任せで注文
シャルキュトリとはフランス語で食肉加工品全般の総称です
肉だけでなく前菜も充実しています

特にモッツァレラチーズとフルーツトマトの愛称は抜群!
人参のサラダもオレンジソースのインパクトに感激すら覚えました
焦がしアンチョビソースとブロッコリーもグッドでした


IMG_9832.jpg

早々にワインにチェンジ!
ワインリストはなく、その日の気分を言えば、お店の方がチョイスしてくれます
造詣が深くないので助かります


foodpic7691787.jpg

左から、サーロイン、イチボ、鴨胸肉
お肉は広島福山の中山牛だそうです

サーロインの脂もすっきりとした感じで、嫌味がなくいくらでもイケる表現がぴったり
肉質は少々歯ごたえがあるが、噛むごとに味わいが口の中に広がる感じで、これは美味い!

イチボも脂と一緒に味わうと丁度いい具合で、サーロイン以上に深い味わい
中山牛の本質を知るならイチボかって感じたほどです

最後に、フランス山鴨胸肉を粒マスタードで。。。
大満足の三種類

今日は脂身というより、赤身の旨みを存分に味わった感じで
これは身体にいいな~って、心から納得のいく赤みのオンパレード

神戸牛は最高級かもしれないけど
「赤身もこんなに美味しいんだよ」って言われている気がしました


IMG_9844.jpg

ワインを飲み干した後は、いつものようにハイボールで
今日はジョニ黒のソーダー割りを頂きました
是非東京にも進出してほしいお店の一つですね

ご馳走様でした

スポンサーサイト

 焼肉・ステーキ

 他府県

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。