つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

和 榮屋・北新地

foodpic7416128.jpg

大阪での今年最後の会食は北新地ランチで人気の「和 榮屋」でコース料理に舌鼓。。。

東京で午前中の表敬訪問を終え、その足で大阪へ移動
今日は大阪の古いお客様との恒例の忘年会を兼ねた会食です
久しぶりに北新地だそうです


IMG_8954.jpg
大阪市北区堂島1-2-30 堂島上ビル2F
06-6342-0019

かが万本店のある縦の通りと上通りの交わるところ、雑居ビルの二階
既に常連さんだけでやっていけるんでしょうね
一見さんには抵抗ある店構えです

最近はランチは凄い人気で3回に1回入れればいい方だと部下が言っていました
オープンしてまだ間もない頃でしょうか、ぶらっと入ってファンになったお店
娘ができる前にカミさんと一度訪問しましたが、できてからはランチで我慢していました

その娘も既に3歳、連れてきても大丈夫だとご主人から温かいお言葉を頂きました


IMG_8955.jpg

先ずは生ビールで乾杯です


foodpic7416118.jpg

先付けは”鱈の白子”と”茨城産の白魚”
白魚は春先だと思っていたのですが、冬の初頭にも季節があるそうです


foodpic7416119.jpg

忘年会の季節、連日の酒席で疲れている肝臓の為には嬉しい
濃厚な蜆のエキスを感じる”蜆汁”
本当に美味しい一杯でした


foodpic7416121.jpg

今日の”お造りの盛り合わせ”


foodpic7416122.jpg
foodpic7416123.jpg
foodpic7416124.jpg

上から”イタヤ貝”と”ボタン海老”
そして”ヨコワ、シマアジ、平目とエンガワ” 手前は”マグロのほほ肉”でした
最後の小鉢は”鯨の赤身”


IMG_8964.jpg

刺身にはやはり日本酒、熱燗にチェンジです
弱った肝臓を一応労わったつもり


foodpic7416125.jpg

ボタン海老の頭を炙ってくれました
香ばしくて、ホント日本酒が進む一品です


foodpic7416126.jpg

続いて”聖護院かぶらと牡蠣の蒸し物”
「さすがプロだな~」と思わせる絶妙な味付けには舌を巻くばかりです


foodpic7416127.jpg

そして今日最も驚いた一品”さごしの焼き物”
上には”蒸したアン肝”をあしらえ、下には”九条葱”が、自家製のポン酢で頂きました
ご主人の引き出しの豊富さを感じた瞬間でした


foodpic7416129.jpg

一人鍋は”ふぐ鍋”
昨日から大阪も寒いそうで、心から温まる一品です

foodpic7416130.jpg
foodpic7416131.jpg

自家製のポン酢で頂きました
1本500円で販売もされています
これは値打ちあるポン酢。。。 「一度お試しあれ!」と言った感じでしょうか


foodpic7416132.jpg

最後の一品は”飛騨牛の八丁味噌焼き”
肉好きには堪らない一品
”飛騨牛の朴葉味噌”を彷彿とさせます


foodpic7416134.jpg
foodpic7416135.jpg

〆はもちろん定番の炊き込みご飯
今日は”鯛めし”のようです

foodpic7416142.jpg
foodpic7416144.jpg

どうやればこんな上品な味付けができるんでしょうか
大満足の一言に尽きます
味噌汁も絶品。。。 「日本人に生まれて良かったな~」としみじみ思います

夜のコースを頂いたのは3歳の娘がまだカミさんのお腹にいた頃です
次回はカミさんと娘を連れてきたいと思います

ご馳走様でした

スポンサーサイト

 和食全般

 北新地

0 Comments

Leave a comment