つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

バルストロ キッチン・三宮

foodpic7276896.jpg

さすが神戸のビストロって感じで、味もサービスも大満足でした

阪急三宮から徒歩2、3分ってところでしょうか
生田ロードを北へ一本目の筋を西へ入って、ちょっと行った所にそのお店はありました
「関西肉本」という雑誌に載っていたお店なんですが・・・


最近神戸を開拓中なので、今日はちょっとした会食の日
早速潜入してみることにしました
師走ということもあり、人気店でもあるので予約は必須のお店です






経営はいずれのお店も『バルストロ キッチン』だそうです
向かって右手の細長い階段を上がったところがバーで、更に左に旋回し上がった3階がビストロです
カウンター8席に、テーブルが10席分だったと記憶しています




先ずはエールで乾杯!
ビールの一種で、味は地ビールそのものです
食前酒としてはまあ妥当じゃないでしょうか




値段もお手ごろです
パスタは止めて、メインを2種類注文することにしました






アペタイザーはおまかせ盛りをレギュラーサイズで・・・
上段から自家製ピクルスに、各種野菜はアンチョビーソースで頂きます
左から ”猪豚生ハム&洋梨” と ”鴨胸肉スモーク生ハム” 更に ”鶏白レバーパテ”

鶏白レバーはバケットに塗って、プルーンと共に頂きます
レバーが苦手な私でも満足する味わいでした
これは素晴らしい!

そしてその下にあるのが ”黒豚リエット” 和からしで・・・
更に手前にあるのが、左から ”鴨手羽とネギのゼリー寄せ” と ”鹿肉のパテ”
鹿肉のパテは粒マスタードで頂きました

いずれもよく吟味された一品ずつです
前菜だけでも、このお店のレベルがわかろうものです




前後してフォッカチャが・・・
オリーブとチーズとビーフジャーキーが添えてありました
フォッカチャも文句の付けようがありません




折角なので赤ワインを・・・
シラーズのお手本ともいえるバロッサバレー産シラーズ
私の大好きなワインの一つです
ワイン通じゃないので、このレベルで十分です




続いて魚のメニューから ”カキのムニエル” を・・・
バターの香りが堪りません
まさに顎が落ちるんじゃないかと思える味わいでした
もう大絶賛!






そしてメイン一種類目は ”オーストラリア熟成仔羊背肉のロースト”

シャラン鴨胸肉のローストとどちらにしようか少し悩んだのですが・・・
「今日はいい仔羊が入っている」とのこと
迷わず仔羊のローストにしましたが、食してその食材の良さに惚れました

仔羊好きには堪らない一品です






更に、メイン二種類目はこのお店イチオシの ”和牛ホホ肉のトロトロ煮込み”
クチコミでは定番料理のようですが、食して、これは絶対に外せない一品だと思いました
付け合せのマッシュポテトも最高で、ホホ肉との相性も抜群でした


残念ながら、人間には限界というものがあります
他にも食べたい料理はあったのですが、このあたりが潮時でした
間違いなく再訪するお店であることは断言できます


今流行りのジビエを前菜で頂き、魚料理、パスタ、そしてメイン料理が一般的のようですが
イタリアンにもかかわらず、あえてパスタを外しメインを増やすというのも有りではないでしょうか
それにしてもまた一つ名店をここ神戸三宮に発見した思いです


ご馳走様でした


お勘定を済ませ、階下のバーへ




美味しい食事の後は、大好物のスコッチで・・・ クールダウンです




料理は一階のロコモのメニューが置いてありました
スタンディングのようですが、ちょっと一杯ひっかけるにはいい感じのお店です




最後に、タンカレをリッキで頂いて終了
ビストロとバーが隣接しているというのは便利です
北野坂にはお洒落なバーも沢山ありますが、私はこんなバーで十分です


三宮に来たら、ちょっと寄ってみたくなるお店です

スポンサーサイト

 イタリアン

 他府県

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。