つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

中菜Labo.朝陽・北新地

foodpic7276944.jpg

ランチの自称”最強麻婆豆腐”のお店に潜入。。。 アラカルトでも満足いく内容でした

本社へ転勤することになった部下の壮行会です
支店での壮行会は週末に予定しているのですが、個人的に実施することに・・・
ランチで絶品の麻婆豆腐、自称 ”最強麻婆豆腐” を食せるお店に潜入したいと思います


どうしてもメニューにある ”濃厚坦々麺” を食したかったこともあるのですが
あの中華の鉄人「陳健一」も認めるお店なので、機会があればと伺っていた訳で・・・
とうとう実現しました






とりあえずビールで乾杯です
さすが新地だけあって、生中一杯700円
いつも天満で飲んでいるので、衝撃を覚えます






本日のオススメメニューには ”エゾジカ” を使った料理が多数ありました
シェフが北海道出身というだけあって、地元の食材を仕入れているんでしょうね
鹿はちょっと苦手なので、定番メニューのアラカルトでお願いしました






先ずは前菜の ”よだれ鶏” 1,200円
四川中華の王道といえる一品です
単にピリ辛というだけでなく、旨みが凝縮されており、予想通りの腕前を感じた次第です

これは期待できそうです






続いて、これも四川中華の定番 ”黒酢酢豚” 1,800円
ここの酢豚はスペアリブを使っているそうで、一人前2個らしく3個にしてもらいました
柔らかなスペアリブは箸で簡単にほぐれ、これまた絶品の酢豚でした






そして ”牛モツの四川風唐辛子煮込み” 2,500円
牛モツはお皿の底に隠れているのですが、掬おうとするするだけで唐辛子に咽ます
でも汁そのものはコクがあって、それほど辛くはありませんでした


牛モツの美味さも格別なんですが、如何せんモツの量が少な過ぎます
2,500円もする割には、如何なものかな~って感じです
ちょっと残念。。。






さらにランチで頂いている最強麻婆豆腐こと ”推しの麻婆豆腐” 1,100円 
少量のご飯が付いてきました
これに関しては今更レビューするまでもないでしょう

マイウ~






そして最後にお目当ての ”濃厚坦々麺” 1,100円
辛さは控えめなんですが、胡麻の濃厚さが半端じゃありません
ただ辛いだけの坦々麺じゃなくて、旨みが凝縮した感じです


とにかくビールに合う。。。 最後まで四川中華を堪能できる料理の数々
ただ船大工通りにあるせいなんでしょうか、B1Fというロケーションの問題かもしれませんがガラガラ。。。
隠れ家的存在の中華を言えば聞こえはいいのですが、消えて欲しくない四川中華の名店であることは確かです


3人で〆て14,000円
お値段以上の満足度が得られるお店でした
ご馳走様でした

スポンサーサイト

 中華・台湾

 北新地

0 Comments

Leave a comment