つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

かんちゃん/ゑにし/やました・天満

foodpic7640759.jpg

新規開拓も含めて都合3軒ハシゴ。。。 桜海老のかき揚げは絶品でした

昨晩のグルメ情報番組で天満を紹介していたとか
既存のお店が名前を変えて、別のジャンルのお店を出店しているらしい
確かにいくつか新店を目にします


その内の一つで、天満市場の入り口に3月にオープンした寿司屋
ずっと気にはなっていたのですが、ケンシロウと新規開拓するかと天満
そのお店の名前は 『にし屋』 江戸前のお寿司屋さんだそうです


お店の前まで来たのですが、誰一人お客がいません
やはり天満にしてはコスパが悪いからか・・・?
一軒目にチョイスするのは避けて、先ずはいきつけの 『かんちゃん』 へ




こちらもまだ誰もお客はいませんでした




先ずは生ビールで乾いた喉を潤わします








絶品の3品に舌鼓。。。
中でも ”蛸の炙り” は最高でした
生ビールを2杯頂いて、江戸前寿司へと向かったのですが・・・


既にカウンター席は満席になっていました
やはりテレビの影響なんでしょうか
近くに串焼きの「西屋」というお店があるのですが、姉妹店かもしれません


さりとて口は江戸前寿司になっています
天満でそうそう江戸前なんてありつけません
ケンシロウが天五横丁に系列のお店があるとか


確かに天五横丁に一軒寿司屋があるのは知っていますが、入ったことはありません
一応覗いてみると、客が数名・・・
新規開拓と思い入店することにしました




先ほどの「にし屋」と関係あるかどうかわかりませんが
ビニシーの寿司屋にしてはええ値段してました
一応江戸前のようです






お通しの ”賀茂なすとまぐろのほほ肉” 
味はまずまずといったところ、ビニシーのお寿司屋にしてはハイレベル
ただ値段もビニシーには似つかわしくありません




ガリも本格的です








”こはだ” と ”煮蛤” と ”かんぴょう巻き” を頂きました
ベストなタイミングで寿司を握ってくれます
シャリは赤酢を使用


値段は300円前後が数種類と、ほとんどが600円アッパーと天満にしては高い
もちろん一貫あたりの値段ですが、東京に比べたらこれでも安い方です
ちょっと贅沢したいときにはいいかもしれません


最後に ”づけまぐろ” を頂こう思ったのですが、生憎売り切れだったので
これでお愛想してもらいました




〆は今日も 『やました』




美味しい焼酎を頂いて帰りたいと思います








自家製の豚味噌きゅうり、桜海老のかき揚げ、若竹の天ぷら
焼酎のアテにぴったりです
気が付けば11時半、お開きとしました


やはり一番長居してしまうのはここ「やました」です
今日もご馳走様でした

スポンサーサイト

 居酒屋・海鮮料理

 天満

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。