つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

ランチ ~麺や ぶたコング・兎我野町



すっきり生姜醤油のスープが際立つハイセンスな長岡ラーメンを頂きました

確か雑誌で紹介されていたラーメン屋
「ぶたコング」とかいう、一度聞くと忘れられないネーミング
会社の近所にあったような気が・・・


ググってみると、すぐに出てきました
ホント楽な時代になったものです
お店の名前だけでもメモっておけば、検索すればあっと言う間です


ちょっと用事もあったので、11時半ちょっと前に向かいました
ロケーションはここ第三ビルからだと兎我野町の怪しげな一帯を抜けたところにあります
11時からオープンしているようですね



大阪市北区兎我野町2-7
06-6312-0588

持ち合わせている情報では長岡系の醤油ラーメンで生姜がアクセント。。。
それぐらいの情報で十分です
かえって誰かのブログを読んだりすると先入観が先走ります




メニューを見ると、4種類のラーメンとご飯モノも充実しているようです
一番人気の ”新潟長岡生姜醤油ラーメン” のチャーシューメン920円を注文!




長岡系ラーメンの特徴である生姜の香りが漂ってきます
寒い日にはなんか嬉しくなりますね




長岡系と言えば
豚ガラを多く使い、比較的油っこい醤油味のスープに生姜の風味が定番ですが
思ったほどでもなく、すっきりした味わいに生姜がバッチリって感じです

麺は加水率やや高めのプリッとした食感の縮れ麺がスープを見事に纏ってくれます
このコンビーネーションはお見事ですね

定番トッピングのチャーシューには肩ロースかうで肉を使っていて
ちょっと硬めですが、豚肉の味わいがしっかり感じられて美味しい
更に、メンマは穂先を使用、一転柔らかい繊細な食感です




チャーシュー麺にした理由は ”豚バラチャーシュー” も味わえるからですが
今日は特別に三枚肉のトロトロ系だと説明があり
西中島の「人類みな麺類」で出てくるようなチャーシューの塊が・・・
表面のトロトロのところがちょっと醤油辛い気もしますが、我慢できないほどではありません




おまけに一周年記念が近いという理由で ”味玉” がサービスで付いてきました
ラッキー!


総合的な評価はあっさりの中にも深みのある美味しいラーメンといったところ
一番の評価点はラーメンの命であるスープの美味さでしょうか
ねぎ油を上手く使ったフルーティーなスープがお店の名前に似つかわしくない

おかげでスープもほぼ完食
生姜のせいで身体もポッカポッカ、寒い日には嬉しい一杯です
次回は ”鯛塩ラーメン” を是非味わいたいと思います


ご馳走様でした

スポンサーサイト

 麺類

 梅田

0 Comments

Leave a comment