つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

出張 ~つけそば 黒門・新宿



新宿で一風変わった ”つけそば” を提供する 『黒門』 へ久しぶりに訪問。。。

今日は本社へ出張です
ナビなしで走れるぐらい住んでいたので
特に目新しい感じもしません


来期の事業計画の社長レビューが目的ですが
今日は新宿の銀行にもちょっと用事が・・・
実は、家を買い替えを中でなんです


今の家が売れたので、一括返済の手続きをしてきました
これで二重ローンの心配はなくなったんですが
今も現宅のローンと賃貸マンションの二重生活。。。


これで漸く開放されます(毎月10万円は浮くことに・・・)
ただこの歳で30年ローンなんて・・・(と思われるかもしれませんが)
払えなくなったら、売って返せばいいだけのことです


それよりも貸す方も貸す方だと思います
確かに家が抵当に入っているので、銀行は何の損もしませんが・・・
定年が延びたとはいえ、65歳ですよ(ありえん)
今の時代、退職金なんてない時代に・・・


今回わかったことなんですが
現宅のローン残高と家の評価額がほぼツーペイだったということです
それも阪急宝塚線三国駅徒歩4分の一戸建てが・・・


そんなもんなんです
所詮家なんて・・・(18年も経てば、上モノの評価額はほぼゼロです)
だから、将来払えなくなったら、今度の家も売って
市営住宅にでも入ればという心境です


「鯨」を食べて育った世代なので、貧乏には慣れています
人間最後はゼロになるだけです
あの世に財産を持っていける訳でもなし
まあ心配しなくても、財産なんて持ってないし


この歳で30年ローンを組みましたが、一ヶ月の支払い額なんて
東京で賃貸マンションを借りるより安いです(広さは倍で)
まあ東京と比べるのは間違いですが・・・


そんな訳で、今日は新宿でランチ
久しぶりに一風変わった「つけめん」のお店 『黒門』 さんに訪問
かれこれ10年は続いているお店です



東京都新宿区西新宿7-10-12
03-3366-7588

新宿で10年続くというのは立派です
美味い証拠です





いつも頂くのはこのお店の特徴である自慢の ”極太金剛麺” を使った「つけそば」
茹で時間は10分を優に超えます
それとここの名物「地鶏の塩焼き」

麺の茹で時間が長く掛かるので、その時間を利用してもう一品って感じです




”つけそば” 麺少なめ680円の登場
「並」でも350グラムあるので、女性用に「麺少なめ」(250グラム)が用意されています

「麺少なめ」を頼むと、ゆで卵がサービスされますが
これも10年前から変わっていません




うどん程の太さのコシのある低加水率の麺
当時では珍しかったですね




それを酸味の利いた「つけダレ」で頂きます




この喉越し感が堪りません
酸味が利いているので、すっきりしていて夏向きの「つけ麺」です


トッピングの ”蒸し鶏” がアクセントになっている美味しい「つけダレ」

しいて言えば、東京だけにネギといえば「白ネギ」
細身の「白ネギ」を使ってはいますが、いかんせん口の中で喧嘩するんですよね
それがちょっと残念かもしれません





別に注文した ”地鶏の塩焼き” 300円
皮がパリッパリッで、身はジューシー
相変わらず美味い「塩焼き」です


東京でこれで1,000円でお釣がくるのであれば、コスパは良いと思います
私は好きですね
いつまでも頑張って下さい
ご馳走様でした





1st「この店自慢の極太金剛麺を酸味の利いたつけ汁でいただきます」(20110707)

スポンサーサイト

 出張

0 Comments

Leave a comment