つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

飲み会 ~本家とらちゃん天満/天満市場 奴寿し/串かつ・食酒やました



天満で「溶岩焼肉」というちょっと変わった焼肉を味わう。。。

月曜なのに異例の元祖団子三兄弟の定例会
給料日が成せるせいなのか
めずらしく焼肉屋へ



大阪市北区天神橋5-7-5
06-6882-0666

天満の目抜き通りにできた新しいお店
「溶岩焼肉」の 『本家とらちゃん天満』 さんへ




天満にしてはかなりチャレンジャブルな価格設定です
「吟味屋」さんと変わらない価格ですね




生ビール(中)500円、大瓶600円・・・
大瓶をチョイス
溶岩でできた鉄板に点火。。。




定番の ”ナムル盛り” 800円
えー値段しますが、味はすこぶる良いですね~




”赤身肉盛り合わせ” 三人前7,500円
二切れずつで6,000円らしく、単純に三切れにすれば1.5倍だそうです
えー値段しますね~




でも、確かにこの ”ハラミ” は美味い!
そんじょそこらのハラミとはちょっと違いますね




続いて ”ランプ” を・・・
脂肪分が少ない代わりに、柔らかくて美味。。。
歳を重ねると、ホント嬉しい部位です




更に ”イチボ”
オシリの人間でいうとえくぼに当たる部位だとか
これも適当な脂肪分を含んでいて、美味しい希少部位です




前半戦最後は希少部位の ”ミスジ” 
ミスジのサシは最高級といわれるだけのことはありますが
私にはちょっと重い。。。




ここでラオウが口直しに ”きゅうりキムチ” 400円を・・・
食べられないので味はわかりません




先ほどの ”ミスジ” がガツンときたので ”ヒウチ” はラオウへ進呈
これも希少部位、ももの部分で一番サシが入るらしい




”サガリ” と言えば、 ”ハラミ” の中でも最高部位
これは美味です




これはステーキに使う部位なので、やはりラオウへ進呈!
ここの程度の量のお肉が食べられないなんて・・・




最後に ”ウチヒラ” これもももの一部らしいですが、適度なサシが・・・
もうギブアップ!


溶岩できた鉄板は火が均一に通るのは焦げなくていいのですが
脂が溜まって、ちょっと重くなるのが難点です
やはり炭火がいいですね


それとこれだけ希少部位じゃなくてもいいです
もっと安い赤身のお肉が食べたいものです
贅沢かもしれませんが、間違いなく歳を取ったせいです


〆て10,500円、一人あたり3,500円でした
ご馳走様でした
でも若干一名は物足りない感じです



大阪市北区池田町7-15
06-6351-9047

そんな訳でラオウが二軒目にチョイスしたお店が 『天満市場 奴寿し』 さん
先日ケンミンショーに出ていたいきつけのお店だが
思わず「焼肉の次に寿司かい!?」って突っ込みたくなる




飲み足りないビールを刺身盛り合わせで・・・




良質の ”ビンナガマグロ” を刺盛りで・・・
懐かしいマグロの味です
子供の時代の食卓のお供って感じでしょうか




ラオウが熱燗を飲みたいと・・・ (まだ夏やで!)

いつもなら三皿とお願いするところなんですが
我々の状態を見て、今日は二皿ずつと・・・





先ずは一皿目。。。






続いて、二皿目。。。
ケンシロウはギブアップ
ラオウ「やっと落ち着いたわ」だって


これでお開きと思いきや
ラオウが次行くぞと・・・



大阪市北区天神橋5-4-9
06-6809-2724

いつもの実家、いや 『やました』 さんへ
ラオウがどうしても立呑みをして帰ると言う(椅子あるし。。。)
営業妨害やで!




ラオウ以外はお冷(生ビール)を・・・




まぐろの・・・を出してくれたけど
これだけお腹いっぱいやと味わからへん
絶対大将に失礼や


でもラオウは更に ”肉じゃが” を喰ってる
恐るべし51歳。。。
同い年やと思われへん


そんな感じでもうすぐ10時
はよ帰って愛娘をお風呂にいれなければ・・・
やっとお開きにしました


秋の旅行はハワイに行くので、私はパスすることに
新・団子三兄弟の淡路島旅行は珍道中になりそうですね
楽しみです

スポンサーサイト

 焼肉・ステーキ

 天満

0 Comments

Leave a comment