つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

旅行 ~加賀温泉郷・山代温泉 in金沢



団子四兄弟揃っての珍道中。。。 第二弾は加賀温泉郷「山代温泉」でした

新旧揃い踏みの団子四兄弟の珍道中。。。
今回は、加賀温泉郷の一つ「山代温泉」 電車での旅行になりました
10時に大阪駅で待ち合わせ、二時間ちょっとの電車の旅です




ラオウ手作りのアテ。。。 四人分ありました
ありがとう!
朝から飲むビールの回りは結構早いです




13時前には「加賀温泉駅」に到着




改札を出るとこんな風景。。。
美術館がありました




折角なので近くの回転寿司へ・・・




当然ここでもビール。。。
アテは ”蛍烏賊の沖漬け”
やはり鮮度が違いますね




私が注文した4品。。。




”カサゴ” 380円




”カワハギ” 260円




”ホタルイカ” 




”キンメダイ” 380円

いずれも回転寿司のレベルではありませんでした
もちろん頂くのは一貫ずつ、後は皆さんにお裾分け。。。




ラオウが注文した ”ハタハタ唐揚げ” 530円
初めてですが、「まいうー」そのもの。。。
いずれも日本海ならではですね
 



更に ”甲いか” 180円と




”いかおくら” 120円を追加
やはりスシローとは違いますね




最後に誰かの ”生ダコ” 280円が回ってきました
結構食べたのか
全員で8,000円ちょっとでした




そして近くを散策。。。




土手の遅咲きの桜が艶やかでした
一行は駅前に戻り、旅館のバスへ・・・
15分ほどなんですが、私は爆睡!




今日の宿は 『葉渡莉』 さん




ググる君が「じゃらん」で予約してくれました
結論から先に言うと、日曜の宿泊とはいえ
11,000円でハード、ソフトともに最高ランクの宿でした



とりあえず酒を抜くために温泉へ・・・
誰もいません。。。 貸切状態とはまさにこのこと
柔らかい泉質の良い温泉です


温泉から上がって、夕食までゆっくり
全員寝ていたので、あっという間に7時。。。




遅めの7時に夕食。。。
ではレビューの開始
先ずは、食前酒 ”柚子のお酒” で乾杯!




先ずは旬菜 ”白魚から揚げ 蛇腹胡瓜 独活 加減酢”
酸っぱさ控えめ。。。 私好み




”湯葉豆腐 金箔 美味出汁ジュレ”
金沢ならではの一品。。。




京都の風情を感じる ”前菜三種盛り”
さすが小京都と言われるだけのことはあります




続いて、御造り ”旬の物 湯葉 あしらい”




向こう側左から ”鯛” と ”ヒラマサ”
手前が左から ”湯葉” と ”甘海老”
「湯葉」をあしらうところも小京都を偲びます 




更に、焼物 ”目鯛利休焼き 菜の花白和え 黄味寄せ真蒸 はじかみ”
「目鯛」は旬が秋なので、この時期は脂がのっていません




さすがにビールもほどほどに、吟醸 ”立山” へチェンジ




そして、凌ぎの ”薬膳蕎麦 卸葱 柚子七味” と




”海老天 舞茸 山菜 丸十” 
空腹を「しのぐ」という意味なんでしょう
この手打ち蕎麦と旬の天ぷらをこのタイミングで出すとはお見事です




更に、焚合せの ”ぜんまい信太巻 小芋 筍 海老吉野煮 絹さや 共地”
これも京風の味付け。。。
薄味ですが、各々の食材が生かされています




会席の定番、焜炉 ”能登ポークの桜麹蒸し 白菜 ナメコ 榎”




小鍋もここまで凝ったものは初めてです
料理自慢の旅館とは聞いていましたが、これほどとは・・・

 


最後の一品、留肴 ”菜種ムース黄味酢掛け 蛍烏賊と蛸 パプリカ わさび菜”
ホント最後まで期待を裏切らない料理の揃い踏みといったところです




〆の食事 ”桜海老の釜飯 雑魚 生姜 加賀味噌袱紗仕立 香物”




桜海老の香りが堪らないです




会席で最後まで美味しく頂けるなんて・・・
初めてじゃないでしょうか




最後に、水物 ”季節のデザート” を頂いて終了です
大満足の会席料理でした


これは是非カミさんを連れてきてやろうと・・・
小食の人でも大満足できると思います


この後、二つ目の温泉へ・・・


いつものようにケンシロウが撃沈です
最初に寝るのはいつも彼。。。 もう朝まで起きることはないでしょう


なんやかんやで12時過ぎまで飲んで、大人しく寝ました
6時に目覚めて朝風呂へ行くケンシロウの様子を夢現で感じながら
6時半には起床。。。


ゆっくり朝風呂につかり、8時から朝食です
どうやら酒は残っていない様子。。。




ライトな感じの朝食です




”畑のおさしみ” ってなんだろうと蓋を捲ると




”有機野菜のサラダ”
味噌か塩で頂きましたが、野菜のもつ甘みを感じました
野菜嫌いの私でも美味しい




ちょうどいいぐらいのオカズの量です
これぐらいでちょうどいいんです
ホントご飯が進みます




焼き魚は ”とんび” と ”キスの開き”
「とんび」とはイカの口のことですが、これがまた美味!
焼き立ての「キス」もホント美味しかったです




肴を炙った焜炉で、北陸の郷土食 ”加賀麩” を美味しい出汁で頂きました
お見事としか言いようがありません




シンプルに ”出汁巻き” が・・・
決して気取らないところがこれまた素晴らしい




テーブルの中央にはIHの大きな鉄鍋が・・・
”鰯のつみれ” が入った味噌汁でした


昨晩の料理も完璧でしたが、朝食も大満足のいくものでした
日曜日とはいえ、これほどの料理を頂いて11,000円とは・・・
驚きのサービス価格です


駅には「湯快リゾート7,800円」の看板が・・・
この「山代」でも三軒ほど。。。 きっと経営が厳しいのでしょうね


それでもこのお値打ちなプランを提供してくれる 『葉渡莉』さん
リピーターになること間違いなしです
次回は間違いなくカミさんと愛娘を連れてきたいと思います


今回の旅は電車で・・・ 行きも帰りも時間が決まっていたので
これといったハプニングもなく無事終了。。。


若干一名物足りない顔をしている大きなお兄ちゃん「ラオウ」・・・
もう歳なのでこういう旅行がいいです
今回はこの旅行を企画したググる君に感謝です

スポンサーサイト

 旅行

 他府県

0 Comments

Leave a comment