つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

呑み会 ~一鶴 西梅田店 ~北新地本通り



香川のソールフード「骨付き鳥」 老舗の味を北新地で頂きました

今日は珍しくググる君と二人で飲み会。。。
たまには「天満」でなくて、贅沢をしましょうか
そんな訳で久しぶりに北新地


来週歯の治療をすると
当分固いものが食べられなくなるググる君。。。 今週の内にと
香川のソールフード「骨付き鳥」を
北新地の 『一鶴』 さんに頂きに行くことにしました


外に一歩出ると、大雨・・・
地下でギリギリ行けるところまで行って、階段を上がると
本通りに見えているじゃないですか



大阪市北区曽根崎新地1-3-26 ぐらんぱれビル 4F
06-4798-0817

本通りに面しているビルの4階
内装はまるでファミレスを連想させるような大箱ですが
一応ビアホール的な感じもしない訳ではありません



北新地でサッポロ「生」が中ジョッキー500円なら安い方です



もちろん ”大ジョッキー” 850円を注文



名物の「骨付鳥」 ”おやどり” と ”ひなどり” 両方を・・・
更に、小鉢モノの ”とりポン” も注文しました




先ずは ”とりポン” 400円から
蒸した「むね肉」をおろしポン酢で和えたものです
あっさりしていて、夏らしい一品です




名物「骨付き鳥」の登場です



”おやどり” 980円と



”ひなどり” 870円

秘伝のスパイスにじっくり漬け込んでグリルされた「骨付き鶏」はきっと誰もがハマるでしょう

歯応えよろしく、鶏の旨味を感じるのは「おやどり」の方ですね
一方、「ひなどり」は柔らかくて女性向きでしょうか
歯の悪いググる君は当然「ひなどり」でした




味付けが濃いので、サービスの「キャベツ」が口直しになります

これは本当にビールが進む味ですね
大ジョッキーを二杯空けて、〆て5,650円でした
一応満足した二人は二軒目へ



大雨の中、もう一度地下へ戻り
目指すは二ビルの隠れ家 『かわさき』 さんです
こちらはランチでは訪れたことがありますが、夜は初めてです



大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B1F
06-6341-1128

名物が「ローストビーフ」と「出汁巻き」というお店



まあ何でも美味しいお店だそうですが、価格は若干高めの設定です




やはり、ここも先ずは中瓶で乾杯!



近畿では有数の枝豆の産地である「八尾」の ”枝豆” 400円を頂きました
やはり冷凍モノとは質が違います




名物の ”ローストビーフ” 1,500円
ホースラディッシュと塩で頂きました
それだけでも自信の表れと言えるんじゃないでしょうか




カウンターの焼酎の中から



季節限定の「赤霧島」をロックで頂きました



ググる君は大将に薦められて古酒の「瑞泉」8年モノ600円を・・・
味見しましたが、8年モノは素晴らしい口当たりでした
でも度数が45度なので危険なお酒であることに違いはありません



最後に、もう一つの名物 ”出汁巻き玉子” 700円を注文
一個100円の玉子を使ってあるだけあって、見事な「出汁巻き」です


古酒は止めて、もう一杯「赤霧島」を頂いて、〆て6,000円弱だったような
ググる君もさすがに古酒のお代わりは控えていましたね
9時過ぎですが、これでお開き・・・
帰って愛娘とお風呂です(止められません)

たまにはこういう贅沢もいいかもしれませんね
スポンサーサイト

 焼き鳥

 北新地

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。