つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

出張 ~銀座 KAZAN



日経NET「大人のレストラン」グランプリ受賞店、魅力的なライティングが東京らしさを演出。。。

今日から二泊三日の東京出張。。。
今回は年始早々連日の会食を予定しています
いずれも銀座です


いつものように6時過ぎの新幹線で上京。。。
今日は全国的に雨だそうです
まだ夜が明けない大阪もポツリポツリときました




名古屋を過ぎても天気は良くありません
今日は富士山は望めないなと思っていたのですが
不思議なことにここだけが晴天でした


東京もいつ雨が降っても可笑しくない天気です
朝の9時半からずっと会議です
ランチも13時半に、漸く近くの「吉野屋」で済まそうと、本社を出ると


隣のコンビニでサンドイッチを買ってきたググる君と鉢合わせ
お互い苦笑い・・・
でも今日はググる君と一緒にお客様の接待なんです


5時からの会議を6時過ぎに抜け出し、ググる君と丸の内線で銀座へ
久しぶりの銀座です
景気が回復しているせいか、活気に溢れています



東京都中央区銀座3-4-6 正隆銀座ビル 1F
050-5869-0586 (予約専用番号)
03-3562-8050 (お問い合わせ専用番号)

今日の会食の場所は3丁目にある 『銀座 KAZAN』
日経NET「大人のレストラン」グランプリ受賞店だそうですが
肝心な味の方はいかがでしょうか




お店の雰囲気や接客についてはほぼ完璧に近いのですが
このテーブルは今一つ。。。 ちょっとアンバランスな感じがします
先ずは生ビールで乾杯! 今日は海鮮イタリアンと聞いています




先ずは前菜の近海モノの ”生雲丹” を泡立てた卵白とジュレで・・・




続いて ”南オーストラリア産岩牡蠣” と・・・
いずれも素材の新鮮さを感じる前菜でした





更に ”カルパッチョ” 三種とタルト・・・
向かって左から ”天使の海老” ”蛸と胡瓜” ”小エビのタルト” ”カジキ”
これはそれほど大したことはありませんでした


そして、ここからメインが三種とパスタ・・・




その前にワインです
会食のお相手のお一人の奥様がソムリエだそうで、今日はお任せです



先ずは ”エヴォリューション NO.15 ”
オレゴンワインのパイオニア的存在のワイナリーが造るオーガニック
アロマとフレーバーが見事に調和した白ワイン



一品目は、



”天使の海老レア焼き” 裏ごしした殻のソースにタラのムースが添えてありました
なんかイマイチ・・・
どうしてか? 口が肥えたせいか、ちっとも美味しくない


二品目は、



”ロシア産タラバ蟹のサラダ仕立て” みかんソース和え 蟹の下にはクスクスが
これが今日イチの料理かも・・・
タラバ蟹とみかんソースが見事なハーモニーでした



ここで赤ワインへチェンジ



”シャトー・ペイル・ルバード 2009”
さすがソムリエが選んだだけのことはあるワイン
ホントにこんなに安くて美味しくていいのだろうかという逸品です


三品目は、



”オーストラリア産の鮑” 胡瓜のソース和え
上には芽ネギが・・・
これも何故オーストラリア? 銀座なら近海モノでしょ


最後のパスタは、



”ほうれん草とマグロのソースのパスタ”
銀座らしくちょろっとなんですが
これもそれほど記憶に残っていません


〆のデザートとコーヒを・・・






女性と雰囲気を味わうにはいいお店かもしれませんが
ゆっくり料理を味わいたいならちょっと・・・かもしれませんね
コースはそれほど高くはありませんが、銀座だけあってお酒は高いです






一方、こちらは翌日の会食の場所 『銀座 久兵衛』 本店別館の方です
一番高いコース ”魯山人” 30,000円のコース
さすがに気楽に写メが撮れるほどの関係ではまだありません


器はすべて 「魯山人」 のようですが
陶芸に詳しくもないので、興味は料理のみ・・・
誰もが知る 『久兵衛』 そのお味はというと


それが悲しいかな値段相応ではなかったんです
北新地の有名割烹「かが万」系列の 『さか卯』 さんの方が間違いなく上ですね
ただ、4人で15万円を超えてました


ミシュランの星も付いていない
それでいてここ価格。。。
人気の上に胡坐をかいてしまったのでしょうか

スポンサーサイト

 イタリアン

 他府県

0 Comments

Leave a comment