つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

飲み会 ~炭焼巧房 源/龍馬亭・福島



焼き鳥のメッカ福島でもナンバー1のクオリティは今もなお健在でした

週末の今日は「自虐テロ」こと転職君との飲み会
そのメールに「ググる君も誘ってくれ。。。」とあったので三人で
ググる君にその旨伝えると・・・


返ってきた言葉が「嘘でしょ!」だって
メールをみせると
「ホントだ!」だって。。。 「嘘ついてどないすんねん」と思いながら


久しぶりに福島でも行くか?
行くならダメ元で 『源』 さんに電話してみることに・・・
「今日金曜日やで、絶対無理じゃ!」と言ったのですが


してみるものですね! それが空いていたんです
私は予約の電話を入れて、空いていた試しがありません
かれこれ一年半ぶりぐらいではないでしょうか


大阪市福島区福島7-13-7 福島ビル北館 1F
06-6345-0722

前回のブログを確認すると、そこにも一年半ぶりとの文字がありました
三年間で3回しか来れてないんですね




”エビス生” で乾杯!




お通しは三種類 ”柿の白和え” と ”鶏肉のリエット” と ”筍の・・・”
メンマのような味付けでした
このお店はお通しからして定評があります


では ”焼き” の始まりです



一度食すと病み付きになること間違いなしの ”ぼん尻” と
その焼きの中に旨みが凝縮されたジューシーな ”砂ズリ”
まさに焼き鳥の極意を感じる二串。。。




続いて、その焼きの加減が神の領域と思える ”せせり”
これ以上の「せせり」は食べたことがありません
その食感は筆舌に尽くし難いものです




更に、自家製の ”つくね”
これも全くと言っていいほどパサつき感のない旨みが凝縮した「つくね」
生卵に付けて食べるなんて滑稽と思えるほどのデキです




そして、香川 ”三豊なす炭火焼”
「何これ!」 こんな芳醇な茄子食べたことがありません
自然の甘みが茄子から溢れ出て・・・ まさに究極の茄子です




焼き鳥のラストは ”手羽先”
これもこのお店では外せない一品です
この身厚の「手羽先」。。。 もう敢えて言葉はいらないでしょう


ここで転職君の登場です
ググる君が彼の為に串を注文
約一時間掛けて我々に追いつくことに・・・




徳島 ”源平いものバターホイル焼”
まさに素材にこだわった、そのしっかりとした食感と皮の下の甘みは
その値段に相応しいものでした




最後に今日のイチオシから
「最後の一つです」という言葉に翻弄されて、予め注文しておいた
フランス産 ”ビュルゴー家シャラン鴨胸肉ロースト”


鴨の最高級に位置付けられるシャラン鴨
それは本来ビュルゴー家の鴨に限定されるものだそうです
希少価値の鴨ですが、敢えて「ビュルゴー家」と謳うからにはホンモノなんでしょう


味なんて「美味すぎて・・・」我々の舌で評価できる代物ではありません




最後に芋焼酎 ”うなぎ/ロック” を一杯頂いて終了です
三人で一万円ほどと、決して高いお店ではありません
ホント美味しかった。。。 ご馳走様でした 


二軒目は久しぶりこれも美味い ”たこ焼き” でも喰うかと 『龍馬亭』 さんへ


大阪市福島区福島7-11-51 北側42号
06-6453-5004

ここの名物 ”ねぎ醤油たこ焼” は絶品です




ハイボールのアテにも最高なんです




とりあえず16個注文




更に、いつものアテでハイボールをお代わり
転職君は初めてだったようで、「たこ焼」をお代わりしていました
そんな感じで10時頃にはお開き。。。


小雨が降っていたので、電車で帰ろうとすると
「ミスタードーナツ」が・・・
久しぶりに土産を買って帰りました

スポンサーサイト

 焼き鳥

 新福島

4 Comments

やまやん  

No title

つぐさん

もしかして「源」はミシュランの
星付きですか?
丁寧な、仕事ぶりが伝わります
ソリレス、心のこり 食べてみたい
ビュルゴー家シャラン鴨は、世界中に
一日20羽しか、出荷できないそうです
http://premiercru.exblog.jp/4753319
お皿の端に添えられているのは、粒の黒胡椒でしょうか?

2013/10/19 (Sat) 18:08 | EDIT | REPLY |   

つぐちゃん  

No title

やまやんさん

おはようございます
いえミシュランの星は付いていませんが
付いていても可笑しくないお店です
このシャラン鴨はとにかく濃厚な鴨でした
世界には美味いものがまだまだあるんですよね
食べ尽くしてみたい

2013/10/20 (Sun) 07:25 | EDIT | REPLY |   

やまやん  

No title

つぐさん

ビュルゴー家シャラン鴨が¥1980で食べれるのならお値打ちですよね

昔、トゥールダルジャンでシャラン鴨胸肉のロースト・オレンジソースを食べましたが、感動しませんでした
こちらのように、炭火で焼いてシンプルに塩・胡椒でいただくほうが、本来の持ち味がストレートに、味わえていいです

2013/10/21 (Mon) 09:18 | EDIT | REPLY |   

つぐちゃん  

No title

やまやんさん

おはようございます
やまやんさんのフレンチに対する造詣には感心するばかりです
仰るとおり、黒胡椒や塩で頂く方が美味しいと思いました

2013/10/21 (Mon) 10:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment