つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

飲み会 ~万両 南森町店/串かつ・食酒 やました・天満



コスパでは右に出るものはない名店「万両」本店でユッケが復活してました

週末ちょっと早く仕事が終わったので
久しぶりに 『万両』 さんで焼肉を食べようと
予約を入れさせました


7時前での早い時間帯なら当日でも予約は取れます
営業ならではの特権。。。
たまには部下にもサービスせねばとも・・・



大阪市北区南森町1-2-14 ロイヤルハイツ 1F
06-6361-1371


やはり同じことを考える人も多く、すぐに満席になっていました



キンキンに冷えた「生」で先ずは乾杯!




価格も据え置き、更に「ユッケ」が復活していました




先ずは ”塩タン” 基本です




久しぶりに ”ユッケ” 900円

例の事件で規制が厳しくなって、歩留まりが悪くなり
一部の高級店しか出さなくなったのですが、復活していましたね
約束通り ”大根サラダ” もいっときました




名物 ”極上ハラミ” と ”丸芯” そして ”上バラ”




「極上ハラミ」とは ”サガリ” のことです
「やました」のご主人に聞いたのですが、肩ロースにぶら下っている部位らしく
”サガリ” というそうです



”丸芯” は表面が焼けたら、もう一度「ごま油」に付けて、山葵で頂きます



”上バラ” これは一枚が限界ですね
残りはすべてバリスタ君の胃袋に納まりました




”ミノサンド” 歳を重ねると「肉」はほどほどに「ホルモン」ですね
こちらの方が低カロリーだからです


ここでバリスタ君が追加注文




”幻カルビ” と



”テッチャン”

当然私は「テッチャン」を3切れ、「カルビ」は1切れがせいぜいといったところです

今日の ”極上ハラミ” はそれほど良質ではありませんでしたが
これはその日の仕入れでかなり左右されると先代から聞かされたものでした
「生」を都合6杯、これだけ食べて〆て1万円ちょっと


二軒目は連日の 『やました』 さん


大阪市北区天神橋5-4-9
06-6809-2724

お腹はいっぱい・・・
後は「さくら白波」でゆっくり呑もうと思います



黄麹で仕込んだ華やかな香りの本格芋焼酎
すっきりとキレのある風味とさらりとした口当たりは
さすが薩摩酒蔵といったところでしょうか



燻製で心ゆくまで芋焼酎を味わう
この上ない幸せ




スモークチーズを頂く頃には呂律の回らない自分がそこに・・・
クールダウンにいつものお冷を貰いましたが
余計に深みに嵌っている感じです


これを一般的にはベロベロっていうんです
すでにそこには「つぐちゃん」が降臨、幽体離脱している自分がいました
気が付くと4時間は呑んでいたと思います


帰宅して、カミさんに一言。。。
「ベロベロに酔うてるけど、まあやを風呂に入れる」
入れたのは覚えているのですが・・・


まあいつものことですが
久しぶりに酔っ払いましたね

スポンサーサイト

 焼肉・ステーキ

 南森町 天満

0 Comments

Leave a comment