つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

呑み会 ~肉食酒場 Pero/龍馬亭/烈志笑魚油 麺香房 三く・大阪福島



ステーキバル『Pero』 二度目の訪問で... 更に新たな感動を与えてくれました

今日は大阪・福島のステーキバル Pero さんへ二度目の潜入です

八兵衛 は風邪で直帰させたので、今日の相棒は ねずっち です

八兵衛 は相変わらず喰い運のないのない奴ですが、元気になったら連れて行ってやろうと思います

 
大阪市福島区福島5-10-14
06-7501-7898

そんな感じで、今日は一番乗りでした



「お好きなところへ」と言われたのですが、カウンターへ陣取りました

二人だったので... 四人テーブルを占拠するのも気が引けるし

でもそう言って貰えるお店って、ホント感じが良くてステキです

ますます気に入りました



先ずは 生ビール 450円を注文

 

一回目の乾杯です



今日はこの前の経験を生かして、肉はほどほどに・・・ いろいろ試してみようと思って注文しました



お通しの 野菜スティック と バーニャカウダー です

それにしても ”バーニャカウダー” って... ステキなソースです

野菜嫌いの私が「生野菜」を食べるぐらいですから・・・




先ずはこの前も食べた ポテチョビサラダ 380円(60kcal)から・・・

”アンチョビ” がアクセントになった「ポテサラ」 もはやこのお店の名物ですね

でも慣れてくると・・・

このフワフワした食感よりも、ゴツゴツした ”じゃが芋” の食感が恋しくもなります




続いて お肉のトルティージャ 1ケ180円(225kcal)を二人前注文・・・

これはちょっとパサパサ感が強くて、あまりいけてません

もう少し肉を少なめにした方がよさげです




更に 小エビのアヒージョ 580円&パン180円(206kcal)



油がぐつぐついってます



この柔らかいパンを浸して頂くと、もう最高な気分です

「あ〜炭水化物、もう太ってもいいや!」と思いましたね

小エビもホント美味いです




今日はステーキと一緒にワインを頂こうと思っていたので、ここでワインのメニューを・・・

 

大好きな ステーキハウス があるじゃないですか...

 

ステーキハウス 3,500円で今日二度目の乾杯・・・

通販で2,000円ほどのワインですが、二倍もしないとはお値打ち価格で提供してくれるお店です

ジューシーな果実味と、ほどよいスパイシー感、そしてタンニンのバランスが見事な魅力の1本です

白ワインが『フィッシュ・ハウス』と明確すぎるほどのコンセプトが素敵ですね

昨今のワイン評価は、樽の香りのしっかりしたオーキーで、果実味の濃厚なジャミーなワインを賞賛する傾向にありますが

私はワイン通ではないので、すっきりした飲み口のこの手のワインが好きです




そして満を持して サーロインステーキ スモール(150g)980円の登場です

肉食 ねずっち の目がらんらんと輝いています

和牛のサーロインがこのボリュームで980円とはホント驚きです

そして和牛ならではの美味しさ・・・ 3切れ(250kcal/50g)頂きました

先ほどのワインが物凄く合います

あまりお酒に強くない ねずっち がぐびぐびいってるので、「おさえとけ」と注意したほどです

鉄板の上に置かれた肉をカウンター越しに覗き込んだのですが

見事な刺しの入ったお肉で、カメラに収めたかったです

ここで、更に追加注文…


そして、度肝を抜かれたのがこれ!



自家製クリームチーズ 380円(120kcal/2ケ)

ワインのアテとして注文したのですが、 ”クリームチーズ” が甘い「さつま芋」にサンドされて出てきました

ねずっち も私もこれは絶賛!

ワインとの相性も抜群で、これはデザートと言っても過言じゃありません




最後に ぐつぐつとろとろ和牛のすじ煮 580円(70kcal/30g)

トマト風味の和牛のすじ煮込みがこれほど美味いとは・・・ もう驚きの連続です

盆と正月が一気にやってきた感じですね

これほどの料理をこの価格で頂けるとは... 嬉しい限りです

珍しく ねずっち がワインを飲んだのであっという間に一本空いちゃいました

これは「セーブをかけてやらねば」と・・・

ホントは最後に名物の ”パエリア” をいきたかったのですが、次回に取っておくことに・・・

今年の忘年会の一軒目はここに決定です

〆て8,240円でした

料理だけで3,440円、チャージは一人200円です

今日も美味しい料理をご馳走様でした


そしてほろ酔い気分の二人は二軒目へ


大阪市福島区福島7-11-51 北側42号
06-6453-5004

美味しい余韻が残る二人が訪れたのは...



『福ろうじ』 の 龍馬亭 です

 

クールダウンの意味も込めて、二人とも 角ハイボール 370円で乾杯です

 

この前と同じく、軽いアテを数品注文・・・




めざし 190円



エイヒレ 290円



なす一本漬け 290円



手作り ねぎ醤油たこ焼 6個240円



炙り明太子 290円

”たこ焼き” は天六なら 『玉屋』 さん、そして福島ならここ 『龍馬亭』 さんですね


二人は野球ファンなので、今年の反省会を二時間ほど・・・ 来年に期待する二人でした

角ハイボール都合5杯飲んで、〆て3,150円

身も心もクールダウンしたところで、悪魔のささやきが・・・

「〆のラーメン」というささやきが聞こえてきました

既に一軒目で一日の摂取カロリーの上限を超えていたので、カウンターは壊れています

そんな感じでとうとう禁断の「〆のラーメン」へ


来た道を戻り、更に二号線を南へ渡り、西に右折・・・ 最初の路地を南へ左折


大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F
06-6451-4115

そう... 「休日ラーメン紀行」で訪れた 『烈志笑魚油 麺香房 三く 』 さんです

 

私は かけ 並780円を

ねずっち は つけ道産 並800円の食券を購入

 

前回は つけ全粒粉 を食したので、今日は「かけ」、普通のラーメンを注文した訳です

オススメは「つけ麺」のようなので、 ねずっち にはそれを

更に、この時間帯に ”全粒粉” はきつかろうと ”道産” を勧めた次第です



いりこ の甘露煮? いや醤油煮が出てきました

いきなり箸休めなんでしょうか




『かけ』 並(500kcal)の登場です

早速スープから・・・



魚粉がたっぷり浮いているスープです

「つけ麺」のスープ同様、濃厚な煮干の香りと旨味が第一印象のスープで

かえしの醤油ダレとのバランスもちょうど良いんじゃないでしょうか

この熱さ加減は ”鶏油” だと思います




麺はやや加水率低めの中細ちぢれ麺

コシがあり、スープとの絡みもちょうどいいんじゃないでしょうか




「かけ」にもかかわらず、バラチャーシューが二枚も入っていました

ここのチャーシューは定評があり、苦心してできた傑作ではないでしょうか




そして大きな煮干が・・・

出汁をとった後なので、味はありません

だから、これは私には意味のない仕掛け以外の何者でもありません

昔、祖母が作るお味噌汁は決まってイリコが入っていたものです

当時はイリコと鰹節で出汁を取るのが普通・・・

健康のことを考えてワザと残していたのでしょう

でもそれが子供心に嫌いで仕方ありませんでした

それを思い出したまさに瞬間でした





こちらは ねずっち の 『つけ道産』 並の ”つけ汁”

冷めないように蓋付きででてきます



続いて ”道産” の麺も登場・・・

確かに喉越しが良さそうな麺です

このお店は ”かけ” よりも ”つけ” の方がより完成度が高いお店だと思います


この後、家までウォーキングしたのは言うまでもありませんが

途中カミさんから電話が・・・

内容は良く覚えていませんが、べろべろだったようですね

仕方あるまい・・・

スポンサーサイト

 ダイニング・バー

 新福島

0 Comments

Leave a comment