つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

夕食 ~知留久(しるひさ) OS店・東梅田



串カツの 『知留久』 コスパは最悪ですが、味はNo.1ではないでしょうか

今日はカミさんとお出掛けです

親友へのX'masプレゼントを買いたいとか・・・?

この手の買い物に付きあわされると、大体色違いの同じものをカミさんに買わされます

先ずはリニューアルした「阪急百貨店」に行ったのですが

やはり全般的にちょっと高いですね

若者に人気の「ルクア」に移動しましたが、さすがにここでは目的の品は見つかりそうもなく

すぐに「大丸百貨店」へ

やはり「伊勢丹三越」に行かないところが関西人たるが所以でしょうか

そこで、カミさんが親友へのプレゼントを購入...

予想通りに色違いの同じ「マフラー」を買わされました

因みに、私なら絶対買わない値段してました

ラオウ の姪っ子から誕生日にプレゼントを貰っていたので、ここで済まそうと

例年のごとく、カミさんにチョイスしてもらいます

それにしてもだんだん高価になってくるな~

「プレゼントって言うものは男性からの方が相場は高い」って誰が決めたんでしょうかね

内のカミさんなんか、阪神百貨店の文房具店に行ったついでに

”パーカー” のボールペン買ってきて、「クリスマスのプレゼントや!」って・・・

もう何年も前にシステム手帳を卒業して、「iPhone」と「iPad」で仕事してるっちゅうねん

私「お前はアホか!」と一言・・・

まあ、欲しいものなんて、「ベンツ」以外... 特に何もない私なので

ホントそっとしておいて欲しいです

そんな感じで夕飯に向かいます


今年はまだ喰ってないので、「河豚」と思ったのですが

昨日、北新地で有名店なお店の「鶏鍋」を家で食べたので

二日続けて、鍋は如何なものか?

でも喰いたいモノも特にないしな~ と思いながら歩いていると

カミさん「この辺りに美味しい ”串カツ屋” あったやん」と

見ると... 「OSホテル」の前です

確かに、ここには大阪で一番コスパの悪い串カツ屋「知留久」がありました

コスパは悪いと言っても、味は一流です

”ダイエット” という文字が浮かびましたが、「久しぶりやし、まあええか」と誘惑に負けました


大阪市北区曽根崎2-11-5 梅田OSホテル
06-6312-2703

何年振りでしょうか? 5年振り... いや、もっと開いてる筈です



妊婦のカミさんと乾杯! さすがに飲まなくなりましたね



本店はお初天神の路地裏にあるカウンターだけのお店

創業60年、今ではミナミの法善寺にも支店があるようです



メニューは「10本コース」税込3,360円、「15本コース」税込5,250円

そして「おまかせコース」一串税込み(210円~609円)の三種類

もちろん おまかせコース を注文!




先ずは 椎茸 当然、唯の ”椎茸” ではありません

完全に創作系です




口直しの  を貰います




続いて 牛肉 久しぶりに美味いです

このお店の特長はとにかく「衣」が薄いんです

だから、内のカミさんが「衣」を外すという暴挙に出ません




そして 車海老 カラッと揚がっていて、とても香ばしいです




漸くエンジンが・・・ こんにゃく山くらげ

シャキシャキした食感とこんにゃくの食感が醸し出すハーモニーが堪りません




これは 赤貝

これもしっかりした食感で、 ”赤貝” 独特の「生臭さ」は一切ありません




更に 銀杏のハム巻き

カミさん曰く、「ハムが邪魔!」

私「俺は美味いけどな~」




シソ巻き アマダイ等の白身の魚のすり身をシソで巻いたもの

私にはちょっと淡白過ぎました




これは今日イチの タラ白子

苦手な ”白子” をこれほど美味いと思ったのは生まれて初めてでした

「食べれるやん」って感じです




クリームコロッケ カミさんは絶賛してました

私の年代は「コロッケ」といえば ”じゃが芋” 、カミさんの年代はきっとこちらなんでしょうね




ここで 芋焼酎 へチェンジ、カミさんは ウーロン茶 にしてました




既に「生野菜」をお代わりしているカミさんが ”胡瓜スティック” を注文!




そして節目の10本目は アスパラ肉巻き

いつもならここでストップするのですが・・・

今日はカミさんが終わりそうにありません

カミさん「まだ終わったらアカンで!」だって

以前なら10本どころか、5本がいいところです

妊娠というのは凄いんですね


では後半戦・・・



先ずは キス から

三つ葉がアクセントになった素敵な創作串で、これも美味しかったですね




そして タンシチュー
 
確かに「タンシチュー」の ”タン” でした




更に 子持ち昆布 菜の花と生姜がアクセントになった一串

”子持ち昆布” の食感よろしく、非常にハイレベルな串です




ラス前 新牛蒡の肉巻き と



オーラスの ホタテしめじ

これで私はギブアップ・・・ お冷代わりに「生ビール」を注文!


ここからはカミさんの一人舞台です



16本目 アマゴ

渓流の魚を出すところなんて、なかなかシブいですね~

半分味見させられましたが、香ばしくて美味しかったです




17本目 サーモン

味見させようとするカミさんを振り切って、拒絶! もう喰えません




18本目 カニ爪

「まだ喰うか~」と、ここからは感心するのみ・・・




19本目 ハマグリ

これも創作系なんでしょうね

でも興味はありません




20本目 イカウニ

アカン! これは大好物・・・ 味見してしまいました

練りウニが淡白なイカを思いっきり引き立てている一串です




ラストの串は アマダイ でした

これも最後は私の口へ

なんやかんや言って、半分は食べさせられた感じです


でもこの後、更に驚愕の出来事が・・・



カミさんが食事をしたんです

さすがにご飯を半分残しましたが、カミさんが私より食べるなんて初めて出来事です




最後に ジャスミン茶 を頂いて、お開きとしました

〆て19,173円

飲み物が3,000円ぐらい、最後の食事を差し引いても、一串平均400円ってところでしょうか

コスパは東京並みですが...

まあ、今日はおもろいもんを見せて貰いました

間違ってもガキなんぞ連れてきてはダメなお店です

スポンサーサイト

 天ぷら・串カツ・とんかつ

0 Comments

Leave a comment