つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

呑み会 ~立呑み処 七津屋・堂山町/市場ずし・お初天神



忘年会シーズン到来! 予約せずに入れるのは「立呑み」のメリットです

飲む予定は無かったのですが、またトラブル発生! 

ラオウ から「お祓いに行こう」とのお誘いがあり

会社の前が「お初天神」なので、そこへ何故か ラオウ も一緒にお参りすることに・・・

今日は流石にお賽銭を100円にしておきました

さて、効果の程はいかがなものか・・・?

そんな流れで、軽く一杯

明日は... ラオウ は会社の忘年会らしく、一昨日も飲んでいるのでホント軽めにと

一軒目は(うん?軽めなのに... ) 「泉の広場」にある 七津屋 さんから


大阪市北区堂山町梅田地下街3-3
06-6312-1535

ここは「禁煙席」があり、更に「禁煙席」には椅子があります

そちらを選択! 喫煙しない者の特権です

隣の煙を吸わなくていい分、やはり快適なんですよね

でも禁煙するまでは、ずっと ラオウ に嫌な思いをさせていたとは...

止めて初めて人の気持ちがわかるんですよね

ホント人間ってつくづくダメな生き物なんだな~

天の声「いや、お前がダメなだけなんだよ」

きっとそうでしょうよ



適当に注文し ”モルツ” 大瓶350円で乾杯!




いきなり ラオウ が「キャベツ盛り(170円)」って言うものだから

私「串カツでも食べのん?」

ラオウ「キャベツは胃にええんや!キャベジンの元なんや」と

「胃悪いんかな?」と一瞬思ったけど、そやないみたいです

でも、ソースに付けて食べたら、意外に美味しかったんです

他でも注文してる人がいました




続いて まぐろ 380円

ホントは ”平目” 400円を注文したのですが、売り切れで・・・


「鉄板焼き」のメニューから



私の大好物 赤ウィンナー 250円と 牛ハラミ 280円をいっときました

ここの「赤ウィンナー」は ”魚肉” を使用しているヤツなので、ちょっと食感が違います

「ハラミ」もイマイチかな... まあ280円なんで文句は言えません


更に「揚げ物」のメニューから



シューマイ 90円と 男爵コロッケ 130円を追加・・・

これでも腹ペコ ラオウ の空腹は満たされへんみたいです


だから、「おでん」を三種類ほど・・・



ラオウ の好物「大根・じゃがいも・厚揚げ」(各90円)です

ここの ”おでん” は「京橋」本店同様、十分及第点の味です

大瓶都合4本飲んで、〆て2,980円でした


やはり、「七津屋」だけで腹ペコ ラオウ が満たされる筈もありません

ラオウ「市場ずし行こ」

私はお腹がいっぱいだったので、4ビルの「ひもの野郎」へ誘導したのですが

生憎カウンターまで満員御礼!

仕方なく、歩みを「お初天神通り」へ向けました



大阪市北区曽根崎2-13-21
06-6364-9040

忘年会シーズン真っ只中なので、特にこの通りは人混みで混雑しています



”熱燗二合” 800円で今日二度目の乾杯!

「天満一場 奴寿し」と同じ値段ですが、これはどうみても二合入ってないと思います


いきなり ラオウ が「寿司」から注文!

なぜなら、アテが予想以上に高いからです



ラオウ が注文した ”コハダ” 250円と ”甘海老” 280円

この「コハダ」見た目でアカン感じしません?

きっと「江戸前」の寿司職人が見たら、許されへん思う




私は いくら 400円を貰っときました

「相変わらずシャリの多い店やな~」って感じです




ここで、アテを一品 蛍いかの沖漬け 480円を注文!

お土産の「瓶詰め」から出したような味です




ラオウ の故郷「姫路」ではよく食べる しゃこ 280円を注文... 一個ずつしました




ラオウ が ”山ごぼう” 180円を手巻きで、更に ”明太子” 200円を注文!

お腹いっぱいの私が遠慮していたら・・・

ラオウ「明太子の上だけアテにし~」と気遣ってくれました

相変わらず優しい ラオウ です

”熱燗” は既に二本いってたので、「どうする?」って聞いたら「お冷」と回答が・・・



まだもう少し食べたらん顔をされていたので



”鉄火" と ”かっぱ” を各々「細巻き」380円でいっときました

私も一個ずつ摘んで、これでお開きとしました

熱燗二合を都合二本、ビール中瓶一本飲んで、〆て5,010円

きっとこれでも ラオウ は満腹じゃなくて、帰ってなんか食べるんだろうな~と思いながら

阪急百貨店のところで別れて、ウォーキング・・・

11時前には家に到着しました

明日は「岡山、高松」へ出張している ググる君 との呑み会・・・

やはりこの季節「天満」しか無いのでしょうね

スポンサーサイト

 居酒屋・海鮮料理

 梅田

0 Comments

Leave a comment