つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

グルメ ~蔓牛焼肉 太田家 神戸元町店



神戸元町「焼肉通」をもうならせるモノホン ”神戸ビーフ” を頂きました

バレンタイン・デーの日に銀行の与信が通ったと不動産屋からメールが入り

早速、今日午後一で間取りを決定する為に不動産屋とモデルハウスへ

家の事は大して感心がないので、カミさんに任せます

二時間ほどで終了... 漸く決定したようです

これから神戸です

先週引越しを終えた義母の手伝いが残っていたので

必要なものをコーナンで購入し、取り付けに・・・

夕飯は神戸元町の焼肉店 太田家 さんでご馳走になりました


神戸市中央区下山手通3-8-14 元町アーバンライフ 1F
078-331-2939

高級感溢れるお店ですね



正真正銘「神戸ビーフ」のお店のようですが

希少部位以外はリーズナブルな価格です

義母の知り合いの息子さんが経営されているらしく「おまかせ」で注文!




まずはキムチとナムルが・・・ ”ナムル” を少々頂きました




続いて、今では珍しい 特上しもふりユッケ が

歩留まりが悪くなったので、余程の高級店しか出せない時代に、これがたったの980円とは驚きです

生肉はあまり好んで食さない私が... 「これは美味い!」と絶叫!

車なのでお酒が飲めないのが残念でなりません




更に、刺身系の登場です

左手前から ローストビーフ、牛肉のたたき、タン刺、牛刺 です

「牛刺」は 三角ばら でした

舌の上で甘い上品な脂肪が溶けていきます

牛の旨みを改めて感じる「神戸ビーフ」です



続いて、「薄焼き」の登場です

ツラミ から頂きましたが、これも牛の味をまざまざと感じます

久しぶりに感心が連続する「焼肉店」ですね



この ”塩タン” もホント美味しいですね~

まさに大人の味って感じです


ここから希少部位が続きます



先ずは まるしん と みすじ



”みすじ” をサッと炙って、大根おろしとネギを巻いて頂きます



幻の部位を言われるだけのことはあります

それも「但馬牛」神戸ビーフの ”みすじ” です

まさに筆舌に尽くし難い味とはこのこと言うのでしょう



同様に まるしん もサッと炙って、同じようにして頂きました



”まるしん” は上品で柔らかい食感のお肉です

まさに大人の味で、子供には勿体無い部位ですね




続いて かいのみ、いちぼ、三角ばら 

名前は良く聞くのですが、あまり食べない高級部位ばかりです



お刺身でも頂いた ”三角ばら”

顎が落ちるんじゃないかと思うほどのお肉です

とにかく脂肪が甘くて、全くしつこくありません



そして、こちらは ”いちぼ”

ユッケに最適な部位と言われるだけあって、脂肪分の少ない上品なお肉です

当然「塩」で頂きます



希少部位最後は カイノミ

まさに脂がのった ”ヒレ肉” です

これも素晴らしいですね

敢えてこれ以上コメントができないほどのハイレベルのお肉です

大人はここまでで十分です

お酒が飲めない私は既に中ライスを完食してました


ここから普通の「焼肉」が登場したことには驚き・・・?



いわゆる ロース と カルビ



次男が カルビ を一気に焼き、ご飯をかき込んでいます




ホルモンを頂いたのですが、これがまた初めて食べる食感の ミノ 

適度な弾力と旨みが素晴らしい

これが「神戸ビーフ」のホルモンなんですね




更に「まだ喰うか~」って感じで ロース

もう喰えまへん




輪をかけて 石焼ビビンバ

もう眺めるだけです




最後に デザート らしいです

いつもの営業メンバーとの会食よりも量はいってます

まあこれだけ食べられるというのは健康な証拠なんでしょうね

それにしても美味しいお店でした

知り合いと言う事もあり、サービスして頂いたようですが

このお店のコスパの素晴らしさときたら、それはもう驚愕でした

ホントご馳走様でした

スポンサーサイト

 焼肉・ステーキ

 他府県

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。