つぐちゃんの日記

路地裏の隠れた名店を探して呑み歩き感じたままを可能な限りリアルタイムでレポートします

ランチ ~心の館 清水・お初天神



ただ旬だからという理由じゃなくて、良く吟味された「初かつお」でした

今日から四月です
この週末は花見も絶好調だったようですね
黄砂に悩まされている私は、できるだけ外出は控えていました


それともう一つ、野球ファンの私にとっての楽しみはプロ野球が開幕したことです
今年の楽しみは日ハムの大谷や阪神の藤浪といった高卒ルーキーたちの活躍です
いずれも上々の滑り出しだったのではないでしょうか


それにしてもダルビッシュやマー君も大阪出身。。。
野球王国の大阪から地方へ野球留学している素質のある選手はいっぱいいるのに
これまでほとんど関西出身の選手を取ってこなかった阪神って
ホント変わっていますよね


大卒や社会人の即戦力もわからないではないのですが
ほとんどがモノになっていないというか
身体が弱いというか、すぐに怪我をするし。。。


でも今回のドラ1の藤浪は間違いなくダルやマー君に引けを取らない逸材ですね
「阪神に育てられるのか?」という話も出ていますが
これは球界の宝を預かったと思った方がいいんじゃないでしょうか


間違いなく将来メジャーに行く選手でしょうね
メジャーについては賛否両論ありますが
実力のある選手はどんどん行くべきだと私は思います
その方が日本球界もますますのレベルアップに繋がると思いますし
それはサッカーを見ても一目瞭然です


サッカーとは違って、野球先進国と言われる日本でも
今回のWBCで、中米のチームがスモールベースをやってきたことに脅威を感じた筈です
短期決戦ではあのアメリカでさえ勝てない訳ですから
ホント野球ファンにとっては、これからが楽しみっていうか、目が離せないです


そんな感じでランチタイム
今週は今日明日の二日でノルマを達成してやろうと密かに。。。
そんな訳でお初天神の路地裏の名店 『清水』 さんへ



大阪市北区曽根崎2-2-11 安田ビル 1F
06-6365-5560

ここなら一品は魚があると思ってきたのですが
メニューをみて、心がグラッと。。。
”牛肉塩だれ焼” って書いてあるじゃないですか


「やっぱり魚は明日からにしよ」と思って入店。。。
でも、もう一度考え直して
心を鬼にして ”初かつおたたき” を注文しました(でもテンション下がるわ~)




”初かつおたたき” の登場です



添えてある玉葱スライスと一緒に、薬味を入れたポン酢に浸して口へ
こりゃ結構イケル。。。 なかなかのもんです


その昔、江戸っ子は「嫁を質屋に入れても、初ガツオを・・・ 」と
初物を好んで食べるのが意気だという江戸っ子気質からきた諺だと思いますが
私は秋の「戻りガツオ」の方が脂がのっていて、美味しいと思っていました


でも、今日「清水」さんでこれを頂いて
ちょっと見識が変わったのは言うまでもありません
昔食べた時はもっと血生臭かったようにも記憶しているのですが
そんなことはないんですね


鮮度の新しいカツオは「猫も跨ぐ」と言われるそうですが
きっと、提供するタイミングが難しい魚なのかもしれませんね
ホント美味しいカツオの刺身は本マグロよりも美味しいですもんね


そして小鉢の



”白菜の煮物”



”茄子の・・・” 漬物の味がしましたね



”蓮根と蒟蒻のきんぴら”


いずれも文句なしに美味しい。。。
言うことなし





こちらは心を鬼にして我慢した「牛肉塩だれ焼き」
もちろん和牛だそうです
「初ガツオ」もええかもしれませんが、江戸っ子じゃないし・・・
バリバリのネイティブな関西人ですから。。。




最後にコーヒーを頂いて、「早割り」がきいて700円というお値打ちランチ
ご馳走様でした





6th「お初天神路地裏、もう一つの名店 『心の館 清水』 で ”天然ぶり照焼” を食す」(20121217)

5th「お初天神の路地裏で朝挽きの大和地鶏のランチをいただきました」(20120620)

4th「たまにはお初天神へ ”清水”のコスパ最強のランチをいただきます」(20110809)

3rd「名物の朝挽き大和地鶏の唐揚げをランチでいただきました」(20110602)

2nd「路地裏の隠れた名店で最高の鶏鍋に出会う@清水」(20110106)

1st「路地裏の隠れた名店 第二弾!@心の館 清水」(20101122)

スポンサーサイト

 和食全般

 梅田

0 Comments

Leave a comment